三宅健「ワンピース」史上初の副音声に挑戦!V6をキャラに例えたトークも

人気アニメ「ワンピース」が放送20周年を記念し、今週1月13日(日)と来週20日(日)の2週にわたって、「ワンピース」史上初の副音声を実施。主題歌を担当する「V6」から三宅健が副音声に参加し、声優としても本編に出演する。

最新ニュース スクープ
アニメ「ワンピース」 (C)尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
アニメ「ワンピース」 (C)尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション 全 2 枚 拡大写真
人気アニメ「ワンピース」が放送20周年を記念し、今週1月13日(日)と来週20日(日)の2週にわたって、「ワンピース」史上初の副音声を実施。主題歌を担当する「V6」から三宅健が副音声に参加し、声優としても本編に出演する。

1999年に放送を開始し、今年20周年を迎えるアニメ「ワンピース」。今回、初めての副音声を務めるのは、三宅健とモンキー・D・ルフィ役の田中真弓、さらに進行役としてウソップ役の山口勝平の3名。「V6」が昨年10月から本作のオープニング主題歌を担当していることから、夢の共演が実現した。

アニメ「ワンピース」20周年ロゴ (C)尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション

■「V6」メンバーを「ワンピース」キャラに例えたら…で盛り上がる副音声!


「V6」が歌う主題歌「Super Powers」は本作のために書き下ろされた楽曲で、1月16日(水)にシングルとして発売予定。副音声の収録では、“仲間と懸命に生きていく”というテーマで冒険の世界を表現している本楽曲をオープニングで聞きながら、軽快なトークでスタート。

三宅さんは、「ワンピース」声優の田中さんと山口さんと対面するのは今回が初めてだったが、全く感じさせない息の合ったトークを繰り広げた。「初回の放送から見ていた」というほど「ワンピース」の大ファンだというだけに、「感激でした」と語りながらも声優のお2人に素朴な疑問などもぶつけていくことに。さらに、“「V6」のメンバーを「ワンピース」のキャラクターに例えたら…?”といったここでしか聞けないトーク、さらには三宅さんが得意な声のモノマネまで飛び出し、大いに盛り上がりを見せた。

■ルフィ&ウソップも太鼓判!アニメ本編にも2週連続で声優として出演


今回がテレビアニメの声優初挑戦となる三宅さんは、囚人そして村人と2週それぞれで違う役を演じることに。「特に難しかったのは囚人の叫び声ですね。声優さんという職業にも興味があったので、皆さんのアフレコも見学させていただきました。あんなに長いシーンを一気に続けて録っていたので、その臨場感に驚きました」と興奮のコメント。

副音声収録の際、完成した映像を一緒に見た田中さんは「声の技を持っている」、山口さんも「僕たちより声が変わる!」と、プロの声優であるお2人からもお墨付きの声が上がっていた。

アニメ「ワンピース」 (C)尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
また、田中さんは「副音声という『ワンピース』初の試み楽しかったです。何より三宅健さんが本当に『ワンピース』が好きなことが伝わってきてうれしかった。(三宅さんの)髪型がサンジに似ていると盛り上がったけど、好きなキャラクターはシャンクスということで結構渋い」と笑顔でコメント、「勝平の仕切りが本当に見事だったので、そこも聞きどころです」と明かした。

「本編を見ながらの副音声の収録は新鮮」という山口さんは、三宅さんとの初挑戦を「ワンピース』のディープな話をたくさんできて、独自の見解などお聞きできてとても面白かった」とふり返っていた。

いよいよ「ホールケーキアイランド編」も佳境を迎え、ルフィVSカタクリの死闘に決着の時が迫る白熱のストーリーが展開する本作。史上初の副音声も楽しんでみて。

「ワンピース」副音声は1月13日(日)・ 20日(日)9時30分~よりフジテレビ系にて放送。※毎週(日)9時30分~放送中。

《text:cinemacafe.net》

この記事の写真

/

特集

友だち追加