新海誠監督最新作『天気の子』“世界最速上映”決定! 『君の名は。』放送は6月30日

『天気の子』の世界最速上映が決定、『君の名は。』の地上波放送日も明らかになった。

映画 邦画ニュース
『天気の子』(C)2019「天気の子」製作委員会
『天気の子』(C)2019「天気の子」製作委員会 全 6 枚 拡大写真
小栗旬、本田翼、梶裕貴らが出演することでも話題の新海誠監督最新作『天気の子』の世界最速上映が決定。また本作の公開を記念して、前作『君の名は。』が6月30日(日)に放送されることも明らかになった。

『天気の子』世界最速上映!


7月19日(金)に全国公開を迎える『天気の子』だが、ファンからの「早く観たい!」という声に応え、初日7月19日(金)午前0時に上映を開始する“世界最速上映”が決定! TOHOシネマズ 新宿、TOHOシネマズ 梅田にて、合計2000名様(各1000名様)がいち早く観ることがでできる

なお、本作は公開間際まで製作が行われているため、公開前の試写会などが予定されていない。そんな中の世界最速上映のチケットは争奪戦となること間違いないだろう。チケットは6月19日(水)正午~6月23日(日)23時59分まで、ローソンチケットにて抽選販売が行われる(※劇場窓口での販売はなし)。

『天気の子』(C)2019「天気の子」製作委員会
現在、鋭意制作中の新海監督は「この2年半、観客の皆さんに映画を手渡す日をただただ楽しみに、制作を続けてきました。ついに心待ちにしていた日です。『天気の子』を楽しんでいただけることを、心から願っています」とコメントしている。

>>『天気の子』あらすじ&キャストはこちらから

社会現象化! 『君の名は。』が地上波放送


最新作の公開を記念して、2016年公開の大ヒット作『君の名は。』を放送。

『君の名は。』 (C) 2016「君の名は。」製作委員会
国内興行収入250億円を突破、2016年の興行収入1位、日本映画史上歴代2位という大記録を打ち立てた本作は、田舎暮らしの女子高校生・三葉(cv.上白石萌音)と東京に住む男子高校生・瀧(cv.神木隆之介)が、夢の中で互いの身体が“入れ替わる”という不思議な体験を繰り返すうち、いつしか恋に落ちていく…というストーリー。

昨年1月に地上波初放送された際には、世帯視聴率17.4%、タイムシフト視聴率11.7%、総合視聴率26.3%と、総合視聴率・タイムシフト視聴率の公表開始した2016年10月以降に放送された映画ジャンルの番組の中で、過去最高の記録となった(※世帯、関東地区ビデオリサーチ調べ)。

>>『君の名は。』あらすじ&キャストはこちらから

まだまだ! 6月は新海作品がずらり


そして『君の名は。』放送にあたり、誰もが通り過ぎゆく日常をすくい取った連作アニメーション『秒速5センチメートル』(’07)、本格ジュブナイル・アニメーション『星を追う子ども』(’11)、入野自由&花澤香菜が出演する万葉集の一篇から始まる“孤悲(こい)”の物語『言の葉の庭』(’13)も一挙オンエアする。

(C) Makoto Shinkai / CoMix Wave Films
<新海誠監督作品 上映&放送概要>
・最新作『天気の子』
7月19日より全国にて公開
・『君の名は。』
6月30日(日)21時~テレビ朝日系にて放送
・『秒速5センチメートル』
6月21日(金)深夜2時50分~テレビ朝日にて放送
・『星を追う子ども』
6月22日(土)深夜2時30分~テレビ朝日にて放送
・『言の葉の庭』
7月11日(木)深夜2時44分~テレビ朝日にて放送

《cinemacafe.net》

特集

SPECIAL

この記事の写真

/
友だち追加