谷原章介演じる“いい夫”の真実に「狂気」の声殺到中…「偽装不倫」第7話

東村アキコの原作を杏主演、宮沢氷魚らの共演でドラマ化した「偽装不倫」。その第7話が8月21日放送。仲間由紀恵演じる葉子と谷原章介演じる夫・賢治夫婦の“真実”に視聴者からは「やばいのは夫のほう」など“アンチ賢治派”が急増殖中の模様だ。

最新ニュース スクープ
「偽装不倫」(C)日本テレビ
「偽装不倫」(C)日本テレビ 全 5 枚 拡大写真
東村アキコの原作を杏主演、宮沢氷魚らの共演でドラマ化した「偽装不倫」。その第7話が8月21日放送。仲間由紀恵演じる葉子と谷原章介演じる夫・賢治夫婦の“真実”に視聴者からは「やばいのは夫のほう」など“アンチ賢治派”が急増殖中の模様だ。

杏さん演じる主人公の鐘子は恋愛に不器用な32歳、独身の派遣社員。鐘子は一人旅で乗り込んだ飛行機のなかで宮沢さん演じる年下イケメンカメラマン・伴野丈を出会う。鐘子は丈に既婚者とうそをつき、最初は旅行の間だけだったはずの“偽装不倫”はいつしか本物の恋になっていく。

一方、キャリアウーマンでイケメン商社マンと結婚、周囲からは幸せいっぱいに見える鐘子の姉・吉沢葉子は、夫の賢治と誰もがうらやむような結婚生活を送っていると思えたが、その陰で葉子は独身だと嘘をついて瀬戸利樹演じる年下ピンクヘアのボクサー・八神風太と不倫していた。

上手く不倫を隠してきた葉子だったが、たまたま電話越しに風太の声を聞いたことから不倫を疑い始めた賢治は、葉子のうそに気付いてしまう…というのがこれまでの展開。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
丈から指輪をもらい、これが丈が私のことを好きだという“絶対的な確信”になるのか悩む鐘子だが、そこに葉子から電話が。帰宅した葉子を問い詰める賢治に「鐘子が不倫している」と嘘をついてごまかす葉子。だが賢治は葉子への疑念を捨てきれずにいた。

翌日賢治は鐘子を呼び出し、葉子について探りを入れてくる。なんとかその場を切り抜けようとする鐘子だがそこに風太が偶然現れ大ピンチに。しかも賢治は風太の声が電話越しに聞こえた声と同じであることに気付く。

そして鐘子を呼び出した葉子は賢治との結婚生活の“真実”を語り出す…というのが今回のおはなし。

呼び出した鐘子相手に、賢治は子どもが欲しいから自分と結婚したと話し出す葉子。2人の時間を過ごしたいという葉子に「もう35歳だから」「(子どもが欲しいから)マスオさんしてる」と語り、男の子が欲しいから女の子が産まれたら「もう1人産んでもらう」とまで話す賢治。

回想シーンで描かれた“いい夫”賢治の真実に「二人の子供が欲しいんじゃなくて自分に似た子供が欲しいって言うのが狂気だわ」「賢治私の中のめちゃくちゃ嫌いな男性すぎ」「めっちゃいい旦那さんやと思ったのにまさかのハラスメント旦那」「女性を子供を産む道具としか考えてない… やばいのは夫のほう」などの声が相次ぐ。

「今日の偽装不倫はなんかもういろいろ切なかった」「もはや鐘子とジョーより、姉の不倫劇の方が結末気になる」という感想も投稿されており、終盤に向けて鐘子と丈だけでなく、葉子と賢治、風太の“不倫”の今後にも大きな注目が集まっている。

《笠緒》

特集

SPECIAL

この記事の写真

/
友だち追加