ジェニファー・ハドソン主演、アレサ・フランクリンの伝記映画の予告編が初公開

「ソウルの女王」と呼ばれたアレサ・フランクリンの伝記映画『Respect』(原題)の予告編が初公開された。

最新ニュース ゴシップ
『Respect』(原題) (C) APOLLO
『Respect』(原題) (C) APOLLO 全 7 枚
拡大写真
「ソウルの女王」と呼ばれたアレサ・フランクリンの伝記映画『Respect』(原題)の予告編が初公開された。アレサを演じるのは『ドリームガールズ』『Cats』のジェニファー・ハドソン。監督はトニー賞にノミネート経験のあるリースル・トミーで、今作が長編監督デビュー作となる。

『Respect』では、父親の教会で聖歌隊の一員として歌っていた子ども時代から、世界的なスターになるまでのアレサの生活を追う。キャストはジェニファーのほか、フォレスト・ウィテカーがアレサの父役、オードラ・マクドナルドが母役、マーロン・ウェイアンズがアレサの最初の夫テッド・ホワイト役、メアリー・J. ブライジがダイナ・ワシントン役で出演する。


アレサは伝記映画が作られるとしたら、ハル・ベリーに自分を演じて欲しいと2011年にコメントしたことがあるが、歌唱経験のないハルは尻込みしたという。それから数年が経ち、アレサはジェニファー・ハドソンを抜擢。ジェニファーは2015年または2016年からこの企画に携わっている。残念ながらアレサは2018年にこの世を去り、映画を観ることは叶わなかったが、ついに今年12月に全米公開が実現しそうだ。

1分半の予告編で、ジェニファーは鳥肌ものの歌声を披露。コメント欄には「待ちきれない」「オスカー間違いなし!」と期待の声が多数寄せられている。

《Hiromi Kaku》

特集

この記事の写真

/
友だち追加