菅田将暉、ドラン新作への思い込め詩を朗読『マティアス&マキシム』特別映像

グザヴィエ・ドランの最新作『マティアス&マキシム』に詩人・最果タヒが寄せた恋の痛みをうたった詩を、菅田将暉が朗読する特別映像が解禁された。

映画 洋画ニュース
菅田将暉×グザヴィエ・ドラン
菅田将暉×グザヴィエ・ドラン 全 8 枚
拡大写真
グザヴィエ・ドランの最新作『マティアス&マキシム』に詩人・最果タヒが寄せた恋の痛みをうたった詩を、菅田将暉が朗読する特別映像が解禁された。

>>『マティアス&マキシム』あらすじ&キャストはこちらから

今回の特別映像は、あるきっかけからキスをしたことで予想外の恋に落ちる主人公、マティアスとマキシムそれぞれの視点から紡がれたドラン監督による本編映像に、瑞々しくもリアルな作品で若者からの絶大な支持を得る最果タヒの詩を、「MIU404」も記憶に新しい時代の寵児・菅田将暉が読み上げるというスペシャルなコラボレーション。


かねてからドラン監督のファンを公言してきた菅田さんは、以前雑誌のインタビューで「最近観て、これはすごいなと思ったのがグザヴィエ・ドラン。こんな感性の人がいるんだなって。10代で監督デビューして、自分で衣装も編集もやるし、主演の時もありますよね。衝撃でした」とドランとの出会いを語っていたことがある。

そんな菅田さんが読み上げることにより、切なくも愛おしくてたまらない、触れてみたいけど近付けない、苦しみの中にも歓びがある愛の詩をよりドラマティックに感じられる映像となっている。

『マティアス&マキシム』 (C)2019 9375-5809 QUEBEC INC a subsidiary of SONS OF MANUAL

『傷痕』 作:最果タヒ


―映画『マティアス&マキシム』に寄せてー

すこしでも触れられたら裂けてしまいそうな傷口が、
ぼくそのものだと気づいている?
きみの前で、ぼくは、
触れられたくてたまらなくなる。
痛みが美しいだなんて言わない、
ぼくはただ、きみを求めていた。
血や、叫びが、ぼくから流れ出して、
ぼくはそれでも、きみの掌に包まれたかった。
傷口が、ひどくさみしい。
誰よりもぼくを深く傷つけるひと、
きみの手はあたたかいと、ぼくは早くきみに言いたい。

菅田将暉、映画『マティアス&マキシム』へのコメント


傷みに耐えられる心など
ある筈もなく
果てしなく痛々しい
でもその姿が最高に美しい
人間には愛がある
そう教えられた気がします

『マティアス&マキシム』が9月25日(金)より全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

特集

この記事の写真

/