Netflix、「ザ・クラウン」に「フィクション」の注意書き予定なし 文化相の要請受け入れず

先週、イギリスのオリヴァー・ドーデン文化相が「Daily Mail」紙とのインタビューで、人気ドラマ「ザ・クラウン」について「冒頭に“フィクションである”と注意書きを明示すべき」と指摘した。

最新ニュース ゴシップ
「ザ・クラウン」シーズン4はNetflixにて独占配信中
「ザ・クラウン」シーズン4はNetflixにて独占配信中 全 5 枚
拡大写真
先週、イギリスのオリヴァー・ドーデン文化相が「Daily Mail」紙とのインタビューで、人気ドラマ「ザ・クラウン」は「フィクション作品としてよくできています。だから、ほかのドラマのように、冒頭に“フィクションである”と注意書きを明示すべきだと思います」と指摘した。「『ザ・クラウン』内で起きた出来事を知らない世代が観て、フィクションなのに事実と捉えてしまうかもしれないでしょう」と危惧しているからだという。同氏は配信元のNetflixに個人的な手紙を送り、要請をしていた。

ところが、Netflixはドーデン氏の要請を完全拒否。「私たちは常に『ザ・クラウン』をドラマとしてお届けしてきました。視聴者ひとりひとりが、この作品が歴史的な出来事に大まかに沿ったフィクション作品であると理解してくれていると自信を持っています。その結果として、注意書きを加える予定も必要性もないわけです」と「Variety」誌にコメントしている。

配信が始まったばかりの「ザ・クラウン」シーズン4では、チャールズ皇太子とダイアナ妃の結婚生活に焦点を当てている。ダイアナ妃が王室メンバーから冷たく扱われる様子や過食症に苦しむシーンも描かれる。

ダイアナ妃の弟チャールズ・スペンサー氏も、「私が心配しているのは、あのようなドラマを観ると、みなさんがフィクションであるということを忘れてしまうのではないかということです。特に外国の方は。『ザ・クラウン』を観たアメリカ人が、まるで歴史の授業を受けたように話してくるんですよ」と先月テレビに出演した際に語った。

《Hiromi Kaku》

この記事はいかがでしたか?

特集

この記事の写真

/