「展開が気になりすぎ」新感覚ミュージカルドラマ「FM999」第2&3話の場面写真解禁

「女ってなに?」の問いから出現する脳内ラジオを舞台に描く新感覚ミュージカルドラマ「FM999 999WOMEN‘S SONGS」が「展開が気になりすぎる」「歌が頭から離れずクセになる」と話題を呼んでいる。

最新ニュース スクープ
「FM999 999WOMEN‘S SONGS」
「FM999 999WOMEN‘S SONGS」 全 20 枚
拡大写真
「女ってなに?」の問いから始まる脳内ラジオを舞台に描く、WOWOWオリジナルの新感覚ミュージカルドラマ「FM999 999WOMEN‘S SONGS」がスタート。「展開が気になりすぎる」「歌が頭から離れずクセになる」と放送・配信後から話題を呼んでいる本作から、第2話&第3話の場面写真が到着した。

16歳の誕生日を迎えたばかりの主人公の高校生・清美(湯川ひな)が「女とは?」とふと呟くと、突如として脳内ラジオ“FM999”がスタート。DJ(声の出演:TARAKO)が清美の悩みに応じた曲をオンエアすると告げるやいなや、3人の女が代わる代わる “女のうた”を披露していくというユニークな設定のもと物語は始まる。


「女とは?」と呟くたびにラジオは発動。清美の日常と並行して、頭の中では“女のうた”を聴きながらめぐる奇妙な冒険がはじまるのだが…。多様な女性たちが披露するうたに出会い、女とはなにか、清美は答えを掴むことはできるのか。映像クリエイター・長久允が作り出す、独創的な世界観に想像と期待が膨らむミュージカル&オムニバスドラマとなっている。

「FM999 999WOMEN‘S SONGS」1話
宮沢りえ、メイリン、菅原小春といった豪華ゲストが登場した第1話が配信・放送されると、SNSでは話題沸騰。第2話からは清美の恋も動き出し、さらに物語は予想しない方向へと加速していく――。今回は、そんな第2話「女と労働」と第3話「女と恋」から場面写真が到着。

「FM999 999WOMEN‘S SONGS」2話
第2話からは「サイの女」(塩塚モエカ)、「漁に出る女」(太田莉菜)、「総理大臣の女」(八代亜紀)、第3話からは「女に恋した女」(モトーラ世理奈)、「ハサミの女」(後藤まりこ)、「泥棒猫の女」(ともさかりえ)の豪華歌い手キャストの場面写真がお披露目に。

「FM999 999WOMEN‘S SONGS」3話
役柄のネーミングとともに、美術も衣装も超個性的で細部まで見どころ満載。恋や将来…悩み多き清美に彼女たちはどんな歌を披露するのか注目だ。

第2話あらすじ


「FM999 999WOMEN‘S SONGS」2話
清美は放課後の教室で、進路や受験や男社会などに悩み将来の夢についていらだちを感じていた。清美にそもそも夢などなく思わず「女ってなに?」とつぶやく。すると再び頭の中にDJの声が響き“FM999”が始まる。

「サイの女」(塩塚モエカ)、「漁に出る女」(太田莉菜)、「総理大臣の女」(八代亜紀)の3曲が流れる、その歌から「女」について学ぶ清美。われに返ると教室にちょうど新海先輩(倉悠貴)が現われる…。

なお、都営地下鉄大江戸線の汐留駅・六本木駅のホームでは、主人公・清美と総勢27名の歌い手ゲストが登場する、インパクト大のサイネージ広告が4月11日まで期間限定で展開中となっている。

「FM999 999WOMEN'S SONGS」は毎週金曜日21時30分~WOWOWオンデマンドにて配信。毎週月曜日21時30分~WOWOWプライムにて放送中(全10話)。

《text:cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

特集

この記事の写真

/