エル・ファニング「エカチェリーナと共に成長した」「THE GREAT」S2を語るインタビュー入手

エル・ファニングが主演、製作総指揮の海外ドラマ「THE GREAT ~エカチェリーナの時々真実の物語~ シーズン2」について語った。

海外ドラマ スクープ
「THE GREAT ~エカチェリーナの時々真実の物語~ シーズン2」 (C)2022 MRCII Distribution Company, L.P. All Rights Reserved.
「THE GREAT ~エカチェリーナの時々真実の物語~ シーズン2」 (C)2022 MRCII Distribution Company, L.P. All Rights Reserved. 全 10 枚
拡大写真

エル・ファニングとニコラス・ホルトが共演、女帝エカチェリーナの愛と欲望の生涯を描く海外ドラマ「THE GREAT ~エカチェリーナの時々真実の物語~ シーズン 2」。5月9日(月)より「スーパー!ドラマTV#海外ドラマ☆エンタメ」にて独占日本初放送されることに合わせ、主演と製作総指揮も務めるエルのインタビューが到着した。

ピョートル3世から帝位を奪って女帝として名を馳せたエカチェリーナ2世が主人公の本作は、“時々真実の物語”と副題にある通り大胆なフィクションで構成された宮廷ドラマ。シーズン1はエカチェリーナが夫ピョートルから政権を奪うべくクーデターを起こすまでが描かれたが、シーズン2では彼女がいよいよロシア皇帝の座を手に入れ理想の国づくりに取り掛かり、宮廷闘争を生き抜き人生初めての出産に臨むことに。女帝となったエカチェリーナの様々な挑戦を描く第二章はさらなるスリルと笑い、感動と驚きが待ち受けている。

ーーシーズン2では、権力者となった後のエカチェリーナを演じる上で、シーズン1と演技方法に変わったところは?

エル:演技方法は変わっていませんが、エカチェリーナはシーズン1の頃から大きく成長していると思います。シーズン1では、とても繊細で、ロマンチストな若い少女でした。そこから、冷酷で力強いリーダーになっていく様子が描かれました。

シーズン2では、彼女がついに念願叶って権力を得た状態から始まります。シーズン2の彼女のテーマは、その権力をどう使うのか?ということ。彼女はこのシーズンで、この国を変えられるのかということを試みていき、そこでは様々な困難や障害にぶつかっていくことになります。私もエカチェリーナと共に成長したので、演技方法を変える必要はありませんでした。彼女のように自信もつけましたし、演技を通じて多くを学びましたからね。

ーーシーズン1を終えて見つけた、作品の新しい一面は?

エル:このドラマで私たちはギリギリの綱渡りをやっていると思います。ダークでひねりの効いたコメディでありながら、ハラハラドキドキのエモーショナルなドラマでもある。だから、私を含めたキャスト全員、綱渡りをやっている感覚です。皆さんにも、このドラマの作風を気に入っていただけたら嬉しいです。独特の世界観だと思います。

コメディ要素の場面は慣れるまで大変でしたが、シーズン1でコメディへの適応方法を身につけたので、今では自信があります。コメディとのバランスの取り方は、ピョートル役のニコラス・ホルトにも随分助けてもらっています。彼はコメディのリズムやタイミングの配分が上手ですから、私たちキャストは彼からたくさん学びました。

ーーニコラス・ホルトといえば、シーズン2からは彼も製作総指揮として参加したが?

エル:素晴らしいですよ。彼のことは人として大好き。彼はとても特別で、このシリーズを一緒にやるなら、彼以外考えられない。すごく仲良しで、一緒にいると安心できるし、お互いに支え合っていると思います。彼、シーンやキャラクターについても素晴らしいアイデアも思いつくんです。彼の演じるピョートルは本当にすごいんですよ。脚本でピョートルを読んだ時は「彼のこと嫌いだな」って思うけれど、ニック(ニコラス・ホルト)が演じたら好きになっちゃう。すごく魅力的で、私ですら「死なないで!エカチェリーナに殺させるなんて無理!」って思ってしまう(笑)。特にシーズン2ではラブストーリーもあって、ストーリーも複雑になっていきますから、今まで以上のものが観られます。

ニックもこの業界での仕事が長いんですよね。私もニックも子役として育ったから、現場への向き合い方もすごく似ているし、仕事のやり方もすごく似ている。彼はすごくスマートで、彼がプロデューサーとして参加してくれて幸せです。

ーーエカチェリーナは妊婦となったが、これによって夫との関係は変わる?

エル:家族や、親になっていくということは、まさにシーズン2の大きなテーマです。このシーズンでは、ジリアン・アンダーソンがエカチェリーナの母親役で参加しているのですが、母親と一緒にいるエカチェリーナの姿も見られます。エカチェリーナが子を設け、母親になっていく姿が描かれますよ。彼女は妊婦でありながら、国の母でもあります。エカチェリーナはそういったことに向き合うのですが、これは演じていて楽しかったですね。私は妊娠したことがありませんし、出産も経験していませんから、演技に不自然なところはないか、自分の母親にいろいろ聞きました。メイクアップ部門には膨らんだお腹の装具を作っていただいて付けていたんですが、それが重たいので、キャラクターの身体面を理解するのに役立ちました。シーズン2での私は、ほとんど妊婦の状態です(笑)。

ーー当時の宮廷で、妊婦はどのように過ごしていたのか。

エル:トニー(・マクナマラ、脚本家)は史実を時々取り入れています。当時は、お腹の周りにコルセットをつけていたそうですよ。最初に聞いた時は信じられませんでしたね。痛すぎるでしょって。劇中ではエカチェリーナの出産シーンがあるんですが、宮廷にいる全員の前でお産をしなくちゃいけないんですね。当時はそういうやり方だったそうです。妊婦の女性にとってどれほど屈辱なことだったか、想像もつきません。良いことではなかったと思います。辛かったと思う。

ーーシーズン1から製作総指揮として関わってきて2シーズン目となるが?

エル:誇らしいです。このドラマへはすごく熱心に取り組んでいます。ドラマの立ち上がりから参加していて、それが形になっていき、どんどん成長していくのを見てきていますから。新型コロナウイルスのパンデミックが始まった頃に、姉(ダコタ・ファニング)と製作会社を一緒に立ち上げたこともあるので、プロデュース業へのやる気も増しています。

このドラマで2シーズンを手掛けたことで、自信もつきました。プロデューサーとして成長したと思います。編集の工程も見て、意見も出すようになりました。こういった製作舞台裏に携わったことで、より細かなところにも気を配れるようになりました。そういった気付きが、私にとっては貴重でしたね。

ーーシーズン3も決定している本作。エカチェリーナは少女から強い女性へと急速に成長していった今後は、どのような表現が見られる?

エル:彼女のさらなる成長をどのように見せるかは、私たちにとっても挑戦でした。彼女は非常に強い女性に成長しましたから、次のシーズンでもどう変わっていくのだろうかと考えています。今の時点で、不思議なことに彼女はピョートルのようになることがあります。冷酷な暴君みたいになることがあるんですよね。そんな彼女を演じるのも好きです。このドラマはフェミニストの物語でもありつつ、彼女は常に正しい答えを持ち合わせているわけではない。今でも学習や成長の途中にあるんです。彼女には少しエゴがあって、それを抑えなければいけない時があるし、頑固なところもある。彼女のそんな一面が、今後はもう少し出てくるかもしれませんね。

ーーこれまでのエカチェリーナの人生観についてどう思うか、彼女から学んだことは?

エル:彼女はどんなことにも「ノー」と言わないですよね。このドラマのテーマは、運命を全うして、心の声に従うということ。彼女から学んだことはたくさんあります。特にこの業界では「ノー」を突きつけられることが多いのですが、それでも頑張って続けていかなければいけない。エカチェリーナはそういう意味で、自分の心に従っていて、それがこのドラマの美しいところです。

ーー日本での思い出は?

エル:ええと、沢山あります。しばらく前ですけど......、ショッピングが楽しかった。私、お買い物大好きなんです。どこに行ったんだっけな? とにかく沢山買い込みました。それから素晴らしいディナーも。本当に素晴らしいディナーでした。特に思い出されるのはそれですね......。あっ、プレミアイベントが素晴らしかったんです!『マレフィセント』のプレミアで一番素晴らしかった。人が多くて、本当に大勢だったんです。映画を再現して、スモークが焚かれて、ドラゴンが出てきて、アンジェリーナ(・ジョリー)が台座にいて。すっごく楽しかった。忘れられません。まるでディズニーランドでした。

ーー最後に、日本のファンにメッセージを!

エル:日本の皆さんが大好きです。エカチェリーナのことも好きになっていただけたら嬉しいです。シーズン2も、前シーズン同様楽しんでくださいね!

「THE GREAT ~エカチェリーナの時々真実の物語~ シーズン2」は5月9日(月)より【二カ国語版】毎週月曜日22時~ほか、【字幕版】毎週月曜日24時~ほか「スーパー!ドラマTV#海外ドラマ☆エンタメ」にて放送。

《text:cinemacafe.net》

特集

この記事の写真

/
【注目の記事】[PR]