マーベル、「ワンダーマン」をドラマ化へ 『シャン・チー』のデスティン・ダニエル・クレットン監督が製作総指揮

『シャン・チー/テン・リングスの伝説』のデスティン・ダニエル・クレットン監督が、Disney+でマーベルヒーローの一人、ワンダーマンに焦点を当てるドラマを開発中であることがわかった。

最新ニュース ゴシップ
デスティン・ダニエル・クレットン Photo by Frazer Harrison/Getty Images for Hawai'i International Film Festival
デスティン・ダニエル・クレットン Photo by Frazer Harrison/Getty Images for Hawai'i International Film Festival 全 3 枚
拡大写真

『シャン・チー/テン・リングスの伝説』のデスティン・ダニエル・クレットン監督が、Disney+でマーベルヒーローの一人、ワンダーマンに焦点を当てるドラマを開発中であることがわかった。「Variety」誌が報じた。

ワンダーマン(本名サイモン・ウィリアムズ)は、1964年にマーベルコミック「Avengers #9」に初登場した。裕福な実業家の息子だが、トニー・スタークのスターク・インダストリーズとの競争により会社が苦境に立たされる。その結果、ヴィランのバロン・ジモに付け込まれ、イオンエネルギーを注入されたことでスーパーパワーを手に入れることに。何度かアベンジャーズと戦った後、最終的に彼らの仲間になるというキャラクター。

製作総指揮のクレットンは、監督も務める可能性があるという。Disney+のマーベルドラマ「ホークアイ」でコンサルティング・プロデューサーを務めたアンドリュー・ゲストも製作総指揮とヘッドライターを担当。

Disney+はマーベルのドラマシリーズを拡大中で、先月、2018年にNetflixで打ち切りになった「デアデビル」を新たに製作すると報じられたばかり。キャストのチャーリー・コックスとヴィンセント・ドノフリオがカムバックする可能性が高く、ファンが歓喜の声を上げていた。


シャン・チー/テン・リングスの伝説 (吹替版)
¥399
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム (吹替版)
¥2,546
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)

《賀来比呂美》

賀来比呂美

休日は猫とお酒と海外ドラマ♪ 賀来比呂美

大学で映画学を専攻、卒論のテーマに『ガタカ』を取り上げる。卒業後は映画やドラマのロケ地で有名なバンクーバーに留学し、街中に溶け込むベニチオ・デル・トロやアイス・キューブを見かけて大興奮。映画三昧の生活を送る。帰国後、数社を経て雑誌編集者として出版社に勤務。シニアの愛猫と過ごす時間を増やすべく、2016年からフリーランスライターに。執筆ジャンルは映画、音楽、ペットなど。人の話を聞くのが大好きで、俳優、ピアニスト、医師など数百名への取材経験あり。

特集

この記事の写真

/
【注目の記事】[PR]