窪田正孝&木村文乃&木村多江ら、バカリズム原案・脚本「ノンレムの窓」第2弾に出演

向田邦子賞やギャラクシー賞を受賞するなど、脚本家としても才能を発揮するバカリズムが、ちょっと不思議な“超現実の世界”を描いた新感覚ショートショートドラマ「ノンレムの窓」の第2弾が放送決定。窪田正孝、木村文乃、木村多江らが参加する。

最新ニュース スクープ
「ノンレムの窓 2022・秋」
「ノンレムの窓 2022・秋」 全 5 枚
拡大写真

向田邦子賞やギャラクシー賞を受賞するなど、脚本家としても才能を発揮するバカリズムが、ちょっと不思議な“超現実の世界”を描いた新感覚ショートショートドラマ「ノンレムの窓」の第2弾が放送決定。窪田正孝、木村文乃、木村多江らが参加する。

今年4月に誕生し、独創的な世界観とウィットに富んだ笑いを織り交ぜ、珠玉のストーリーを生み出したオムニバスドラマの第2弾。浅い眠りを意味する「ノンレム睡眠」。今回お届けするちょっと不思議な3つのショートストーリーは、夢なのか? それとも現実なのか?

“夢と現実”、“現実と非現実”、その狭間を行き来する不思議なバカリズムワールドこそが「ノンレムの窓」。原案・脚本だけでなく、今回もバカリズム自らも“窓先案内人”としてドラマの幕間に登場。斉藤由貴が演じる“顔を一切見せない謎の女性マドカ”との不思議な掛け合いにも注目。

第1話「未来から来た男」では窪田正孝が、3年前にタイムリープし“未来から来た男”として一躍、時の人となる会社員に、第2話「放送禁止用語」では木村文乃が、急増する“放送禁止用語”を極めようとする朝の報道番組を担当するアナウンサーに。

第3話「パスワードが知りたい」では木村多江が、夫の隠し事を突き止めようとパソコンのパスワード解析に必死になり、夫と異常なまでの対決をする妻、その夫を鈴木浩介が演じる。

さらに、「未来から来た男」では柄本時生、味方良介、そしてフリーアナウンサー・石井亮次、「放送禁止用語」では大原優乃、福山翔大、菅谷大介(日テレアナウンサー)、そして相島一之ら豪華メンバーが脇を固め、個性豊かなキャラクターを豪華キャストが演じる。

原案・脚本・「窓先案内人」であるバカリズムは、今回も豪華な顔ぶれが揃ったことに「キャスティング会議が一番楽しいです(笑)」と語り、「『引き受けてくれるかなぁ』という思いで、バカなふりして聞いてみたら引き受けて下さって本当に有難い」とコメント。

自身で原案・脚本を担当した窪田さん主演「未来から来た男」について「以前からご一緒させていただきたいと思っていたので今回やっとご一緒させていただくことが出来て嬉しいです。脚本を書いている途中の段階で『窪田さんが引き受けてくれたらいいな』という思いで書いていたので、断られなくてよかったです!(笑)」と明かす。


「未来から来た男」主演:窪田正孝×脚本・バカリズム


ごく普通のサラリーマンの菅沼浩二(窪田正孝)はある日目覚めると、3年前にタイムリープしていることに気がつく。未来を知っている菅沼は会社で人気者になり、ついにはテレビ局のディレクターの耳に入って番組に出演することに。「未来から来た男」として一躍時の人となるのだが――。

Q:「ノンレムの窓」への出演が決定してー
バカリズムさん作品にはいつか出演したいと思っていたので、今回念願が叶って嬉しかったです。

Q:「未来から来た男」の主人公を演じてー
“未来から来た男”のような主人公は、通常ヒーローのように扱われたりしますが、あえてそうではなく、日常に落とし込んで、普通でかっこよくないキャラクターに好感がもてました。「未来がわかる」となれば人は色んな欲が出ると思いますが、菅沼は人並みで人道を外さずそこそこで満足する。大袈裟じゃない人間らしさで、演じる上で落とし込みやすかったです。

Q:視聴者の方へメッセージ
何気ない日常の笑いや喜びをどう感じるかは人それぞれですが、今作は皆さんの心を少し明るく照らしきっと笑わせてくれると思います。見て下さる方がホッコリ幸せな気持ちになってくれたら嬉しいです。


「放送禁止用語」主演:木村文乃×脚本・伊達さん(大人のカフェ)


宮川志帆(木村文乃)は報道番組を担当するアナウンサー。放送禁止用語が急増する世界で「正しい言葉遣い」を極めようとしている。毎月配られる「放送禁止用語大全」を完璧に頭に入れ、「適切な放送」をすることに心血を注ぐ日々。しかし放送禁止用語はどんどん増える一方で――。

Q:「ノンレムの窓」への出演が決定してー
以前にもバカリズムさんとご一緒させていただいたことがあり、世界観がとても好きで、他の作品も拝見していたので、またお仕事をご一緒させていただけることが嬉しいです。
演じる人をも見透かしているのではないかと思うくらい、人が隠している部分をさらけ出されてしまうような素敵な本なので、今回は私自身も割り切って、普段は隠している部分も出していこうと思いました。

Q:「放送禁止用語」の主人公を演じてー
今回演じるアナウンサーの役は、ある意味、普通の日本人なのかもしれません。言われたことはきちっとやり通し、みんなで協力して一つのことを成し遂げるという思いが強い人だと思います。台本を読んでいて途中までは「そうだよね、そうだよね」と思いながら読むのですが、最後のどんでん返しが「確かに、そうか!」とハッとさせられるようなラストになっていて、そこにとてもやりがいを感じました。シーン数が少ないからこそ、ワンシーンワンシーンの撮影がとても楽しみで、信頼できるみなさんが周りにいて下さったので、普段やらない挑戦をやってみようと思える撮影でした。

Q:視聴者の方へメッセージ
私自身もとても楽しく撮影させていただきました。楽しく、そしてシュールでちょっと背中がヒヤッとするような不思議な世界に皆さんをご案内できるように精一杯頑張りましたので、是非、楽しみにしてください。


「パスワードが知りたい」主演:木村多江×脚本・安部裕之


野村由紀子(木村多江)は夫の泰紀にPCやスマホのパスワードを尋ねるが、はぐらかされてしまう。そこで、由紀子は夫が外出している間にPCのパスワードをあの手この手で解析し、夫の隠し事を突き止めることに。一方、その妻の解析を阻止しようとする夫。パスワードをめぐる夫婦の異常なまでの攻防の行方は――。

Q:「ノンレムの窓」への出演が決定してー
「バカリズムさんの世界に私が入れるんだ」と、そんな面白いことはないなと思い、ワクワクしてとても嬉しかったです。

Q:「パスワードが知りたい」の主人公を演じてー
撮影はとても楽しかったです。バカリズムさんの作品に出てくるキャラクターは実際にいそうでいない、人間の滑稽さや心の中に潜んでいる小さな部分が誇張して描かれていて、実在はしないかもしれないですが、ものすごく共感できるキャラクターが多いと思います。今回演じさせていただき、「あるある」と共感する部分と「そこまでいくか!?」という部分があり、相手を翻弄したくなるような、役を越えて自分の中の何かが沸々とわき出てくるような感覚がありました。
人の秘密を知りたいという欲はどんな人間にもあり、愛のかたちと欲がリンクしていくことがあると思います。今回の役は、愛しているが故に夫の秘密を暴きたくなる妻ということで、それがエスカレートしていきますが、「大好きな人のことを知りたい=秘密を知りたい」というところからだと思うので、演じてみて、もしかしたら私もその一歩を踏んでしまうかも!?と思わせる感覚はありました。

Q:視聴者の方へメッセージ
バカリズムさんならではの、レム睡眠からノンレム睡眠になるような……日常の中でもちょっと変化していく現実とそうではない世界の中間ような、不思議な世界を楽しんでいただきたいと思います。
私は、とても楽しくお芝居させていただくことができたので、皆さんにもこの楽しさが伝われば嬉しいです。

「ノンレムの窓2022・秋」は10月9日(日)22時30分~日本テレビ系全国ネットにて放送。


第1弾「ノンレムの窓」傑作選の放送&TVer配信
■「私達の恋」主演・風間俊介
10月5日(水)25:35~地上波放送
配信期間:9月18日(日)12時~9月25日(日)11時59分
■「解約ゲーム」主演・野間口徹  配信期間:9月25日(日)12時~10月2日(日)11時59分
■「カスタマイズ」主演・松岡茉優 配信期間:10月2日(日)12時~10月9日(日)22時29分

バカリズムライブ「信用」 (DVD)
¥3,418
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)

《text:cinemacafe.net》

特集

この記事の写真

/
【注目の記事】[PR]