『この世の果て、数多の終焉』作品情報 戦争/ ヒューマン

2020年8月15日 公開の映画作品
この世の果て、数多の終焉

あらすじ

1945年3月、フランス領インドシナ。現地に進駐していた日本軍がクーデターを起こし、それまで協力関係にあったフランス軍に一斉攻撃を仕掛けた。駐屯地での殺戮をただひとり生き延びた青年兵ロベールは、兄を殺害したベトナム解放軍の将校ヴォ―・ビン・イェンへの復讐を誓い、部隊に復帰する。しかし険しい密林でのゲリラとの戦いは苛烈を極め、憎きヴォ―・ビンの居場所は一向につかめなかった。その悪夢なような日々のなか、マイというベトナム人の娼婦に心惹かれるロベールだったが、復習の怨念に駆られる彼はもはや後戻りできない。やがて軍規に背く危うい行動を繰り返し、理性を失ったロベールは、さらなるジャングルの奥地に身を投じていくのだった…。

cocoレビューを見る

予告動画・特別映像

スタッフ

監督

ギョーム・ニクルー

キャスト

  • ギャスパー・ウリエルロベール
  • ジェラール・ドパルデュー

作品データ

  • 2020年8月15日 シアター・イメージフォーラムほか全国公開
  • 原題LES CONFINS DU MONDE
  • 製作年2018
  • 製作国フランス
  • 上映時間103分
  • 映倫区分R18+
  • 配給会社キノフィルムズ
  • クレジット
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ