坂口健太郎「シグナル」最終回、ネット上に「震えた」の声

坂口健太郎がドラマ初主演で、北村一輝、吉瀬美智子らと共演したカンテレ・フジテレビ系「シグナル 長期未解決事件捜査班」が6月12日(火)に最終回を迎えた。そのラストと主人公たちの今後に様々な解釈をする声がネットに上がっている。

最新ニュース スクープ
「シグナル 長期未解決事件捜査班」 (C) カンテレ・フジテレビ
「シグナル 長期未解決事件捜査班」 (C) カンテレ・フジテレビ 全 2 枚 拡大写真
坂口健太郎がドラマ初主演で、北村一輝、吉瀬美智子らと共演したカンテレ・フジテレビ系「シグナル 長期未解決事件捜査班」が6月12日(火)に最終回を迎えた。そのラストと主人公たちの今後に様々な解釈をする声がネットに上がっている。

本作は「冬のソナタ」「女王の教室」のキム・ウニ脚本による韓国ドラマが原作。

坂口さんが演じる三枝健人は幼い頃に同級生の誘拐殺害事件の犯人を目撃するも誰にも相手にされず、その後独学でプロファイリングを学んだ警察官。廃棄処分になるはずだった無線機を通じて繋がった“過去”の刑事、北村さん演じる大山剛志と共に未解決事件の真相を暴いていく。

三枝の兄は集団暴行事件の犯人として少年院に送られ出所後自殺した過去があるのだが、その事件に大山が関わっていて、事件の黒幕を暴こうとする2人は命を狙われることに…というストーリー。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
最終回では19年前に健人の兄・亮太(神尾楓珠)が逮捕された集団暴行事件の真実が明らかになった。暴行の真犯人は亮太ではなく地元有名企業の御曹司・小川だった。その隠ぺいのために大山の上司である中本管理官は班長の岩田と共に隠ぺい工作を繰り返しており、大山を殺したのも岩田だった。現代では事件の真相に迫った三枝が吉瀬さん演じる桜井警部補をかばって撃たれ…という展開に。

ラストは過去が変わり大山は殺される寸前で桜井たちによって助けられ、三枝は交番勤務の巡査のまま目覚める。生きているはずの大山を探すなかで桜井と再会。2人で大山を探すことに。そして病室のような場所で無線機とともに立つ大山の姿で締めくくられた。

「シグナル 長期未解決事件捜査班」 (C) カンテレ・フジテレビ
ネット上ではこの結末に、「三枝警部補、助かって良かった」「未来が救われた瞬間、震えた」と三枝、大山の2人の無事を喜ぶツイートや、大山が現代まで生き残りながら三枝と出会うことなく終わるラストに「三枝健人と大山巡査部長が同じ時代で出会い、お互いをお互いと分かり合う瞬間が見たい」といった声が上がる一方、時間軸が入れ替わり続けた複雑な物語と示唆に富んだラストを様々に“解釈”をするツイートも。

「大山さんは父親の助けで18年間病院に隠れている。会えたよねきっと」「解決してないけど、こういう終わり方は希望を残してる」など、見る者それぞれが主人公たちのその後に想いを巡らせているようだった。

《笠緒》

この記事の写真

/

特集

友だち追加