『恋する惑星』『天使の涙』ほかウォン・カーウァイ5作品4K上映、各作品ポスタービジュアル完成

8月19日(金)より公開されるウォン・カーウァイ5作品4K〈WKW 4K〉の各作品のポスタービジュアルが完成。

韓流・華流 スクープ
ウォン・カーウァイ5作品4K〈WKW 4K〉(C) 2019 JET TONE CONTENTS INC. ALL RIGHTS RESERVED.
ウォン・カーウァイ5作品4K〈WKW 4K〉(C) 2019 JET TONE CONTENTS INC. ALL RIGHTS RESERVED. 全 10 枚
拡大写真

8月19日(金)より公開されるウォン・カーウァイ5作品4K〈WKW 4K〉の各作品のポスタービジュアルが完成。

今回の上映は、2000年第53回カンヌ国際映画祭にてトニー・レオンが主演男優賞を獲得し、ウォン・カーウァイ監督の代表作となった『花様年華』(00)の製作20周年を記念し、監督自らの手により過去作を4Kレストアするプロジェクト。現在、各国でリバイバル上映が開催されているが、日本では『花様年華』のほか、『恋する惑星』(94)、『天使の涙』(95)、『ブエノスアイレス』(97)、『2046』(04)の5作品が上映される。

ウォン・カーウァイ監督自身、この度のレストアについて「単なる焼き直しではなく、新たに生まれ変わった作品」とコメント。画面サイズ、色味など、かなり多くの箇所が修正されている点にも注目だ。

『恋する惑星 4K』

そしてこの度、5作品それぞれの一新されたポスタービジュアルが完成。フェイ・ウォンの奔放な魅力に溢れた『恋する惑星 4K』のビジュアルをはじめ、『天使の涙 4K』では若き日の金城武がマグショットで自由にポージングするシーンが切り取られ、『ブエノスアイレス 4K』は青空の下に佇むレスリー・チャンとトニー・レオンの絶妙な距離感が表現されている。

『2046 4K』

『花様年華 4K』は作品を象徴するマギー・チャンの妖艶な姿が目を惹き、『2046 4K』は木村拓哉とフェイ・ウォンが顔を寄せ合う姿が印象的だ。いずれも今回の4Kレストアにあわせて、すっきりと洗練されたスタイリッシュなビジュアルとなっている。

ウォン・カーウァイ監督と撮影監督クリストファー・ドイルの名コンビが生み出す映像は、それまでのアジア映画のイメージを一新。90年代に日本で巻き起こったミニシアターブームを牽引する存在となり、そのスタイリッシュな映像と世界観はいまもなお多くのクリエイターに影響を与え続けている。当時からのファンも、配信等で知った若い世代も、新しい作品として生まれ変わったウォン・カーウァイ作品の魅力に浸れる絶好の機会となりそうだ。

『恋する惑星 4K』『天使の涙 4K』『ブエノスアイレス 4K』『花様年華 4K』『2046 4K』は8月19日(金)よりシネマート新宿、グランドシネマサンシャイン 池袋、立川シネマシティほか全国にて順次公開。


グランド・マスター [Blu-ray]
¥1,400
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
恋する惑星 (字幕版)

(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)

《text:cinemacafe.net》

特集

この記事の写真

/
【注目の記事】[PR]